休日に他の職場で働きたい

余った時間に本業とは違う仕事をしたい、他の職場でも働いてみたいと考える保健師は多いようです。勤務する病院やシフトによっては平日や昼間に休みがあることもありますから、保健師が他の仕事を兼業することは十分可能です。

 

掛け持ちで働こうとする目的は人によって様々だと思います。休日の時間を有効に活用したい、不況で社会情勢が不安定なことから収入を増やしたい、貯蓄や家計の足しにしたいという方も多いでしょうし、自分のキャリアアップのために様々な職場で経験を積みたい、先々転職することも視野に入れて他の職場を体験したいという方もおられると思います。また、育児をしながら非正規で働いている保健師の場合は、短時間の勤務を複数の職場でシフトを組みながら臨機応変に働ける体制を作っておられるという方もおられます。

 

では、実際に仕事を探す場合にみなさんはどのようにして探すでしょうか?求人広告やハローワークで仕事を探す場合には、他との掛け持ちでも良いのかという点について、明記されていることは少ないと思います。やっと自分に合いそうな求人を見つけて応募しても、他の仕事との掛け持ちのため、残業や急なシフト変更には対応できないことがある旨を伝えなければなりません。採用の際にこのようなことを正直に言うことに引け目を感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

 

さらに、掛け持ちで働いていることを考慮して採用されたとしても、実際の現場ではどうしても急なシフトが入ったり、残業を頼まれてしまったり、働く前に思っていた、また聞いていた職場の雰囲気と大きな差異があって戸惑うことも多いと思います。実際にその職場で働いている人に直接話を聞くことができればよいのでしょうが、知人が働いているか、知人のつてがない限り、そのようなこともできません。

 

このような問題を回避するために、大いに役立つのが保健師求人サイトです。あらかじめ掛け持ちで働くこと、希望条件などを伝えておけばその条件にあった仕事先を紹介してくれます。自分でハローワークに通ったり、求人広告をいちいちチェックして求人を探すという手間も時間も必要もありません。

 

求人サイトでは実際に働いている方の生の声を取材してくれますので、職場の雰囲気や勤務の状況など細かい情報も入手できます。「入ってみたら全然違う!」という事態を招かなくて済みます。

 

保健師で掛け持ちで働く職場を探している方にもきっとぴったりの職場が見つかるはずです。仕事をお探しの保健師の方はぜひ、保健師求人サイトにまずは登録してみてください。

休日に他の職場で働きたい/ 保健師単発バイト募集ランキング関連ページ

パワハラ
悩みの多い男性保健師
職場で抱えがちな悩み

このページの先頭へ戻る